明治な感じ

母とウナギを食べに行った。
ちょくちょく出前をとる川しんだけど、食いに行ってみるとウナギが焼き立てでおいしかった。
「昔は、夏になるとシト月くらいは草津や箱根に行っていたものだ」と母が言った。
そのころから、ウチは商売をやっていたわけだが、祖母は使用人に店をまかせて避暑に行っていたと言うのだ。
なんたら、贅沢な話だろう、と思いながら聞いていた。
今どき、お盆の1週間ぐらいならよく聞くが、シト月なんて。

それは昭和シトケタとか、10年代のことのようだが。
祖母は成金の、今で言えばセレブみたいなシトで、借金しながらお金をつかいまくっていたらしい。
だから、旅行も派手にした、と言えばそうだろう。

だけど、お金持ちほど(世の中のお金持ちを全員知っているわけではないけれども)あくせくしているような今日この頃から考えれば、いい時代だったのかな。
祖母は明治生まれ、そのころの価値観と考えていいのかな。

写真は新宿コマ劇場前、新宿トーアビル前のビラ配り。
VF101
d0104969_2231454.jpg

[PR]
by camacamacama0 | 2008-08-01 22:31 | people


<< 熱帯夜 木漏れ日 >>